耐震診断・補強

耐震診断とは

住宅の状況調査(壁の配置・壁の仕上げ・筋交い有無・劣化状況・屋根の重さ)などを行い、必要な耐力に比べて、現状の家の耐力を数値化し判定する診断業務です。

 一般財団法人 日本建築防災協会が発行している 2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法に準拠した調査方法で行い、診断の判定は大地震動での倒壊の可能性について実施します。

 一般的な木造戸建住宅では、調査の2時間~3時間がかかり、診断書作成に約7日間を要します。

 


耐震診断の費用

『木造住宅の耐震診断と補強方法』における「一般診断法」

 

 基本診断料(60坪まで) 50,000円(税抜)

 診断料加算         5,000円(税抜)

             ※面積超過の場合15坪毎に加算


助成金・補助金申請

耐震補強工事や部分リフォーム工事など、市区町村の助成制度を使用することができます。耐震診断~補強プラン作成~補助金代行申請など承っております。

【参考:富山県の場合】

  • 耐震改修、部分耐震改修工事に要する経費経費の4/5を補助します。 (補助金の限度額は100万円)