· 

【2022年4月更新】黒部市の中古住宅購入|リフォーム|優遇/補助/助成金制度

富山県黒部市の中古住宅購入優遇制度、リフォーム工事を行った場合の補助/助成制度を一覧にしております。

 

本ページの情報は、2022年4月21日に更新

黒部市

黒部市ホームページ

>https://www.city.kurobe.toyama.jp/

 

融資優遇制度

なし

定住促進制度

 

【新】黒部市住宅取得支援補助事業

 令和4年度より、制度内容に変更があります!(最大160万円)

制度の種類

対象者

 居住誘導区域住宅取得支援制度宅        

市居住誘導区域内で新たに住宅を取得する転入者(※1)及び転居者(※2)外からの転居者

若年世帯住宅取得支援制度

黒部市内で新たに住宅を取得する若年世帯(※3)

子育て世帯住宅取得支援制度

黒部市内で新たに住宅を取得する子育て世帯(※4)

まちなか・地鉄沿線区域住宅取得支援制度 まちなか・地鉄沿線区域内で新たに住宅を取得する転入者(※1)
県外転入者住宅取得支援制度 黒部市内で新たに住宅を取得する県外転入者
URL       

【新】黒部市住宅取得支援補助金|黒部市 (city.kurobe.toyama.jp)

※1 転  入  者 :取得する住宅に入居する日の前1年間において、市内に住民票を有していない方

                        ただし、県外から転入した方については、転入日から取得した住宅に入居するまでの期間が3年を経過

                        していないこと

※2 転  居  者 :住宅取得のために、交付申請日の1年前から実績報告までの期間に居住誘導区域内で300万円以上の費用

                        を要して、土地を取得した市内転居者

※3 若 年 世 帯:申請者または夫婦(事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む)のいずれか一方が、交付申請時点で

                         40歳未満の世帯

※4 子育て世帯:交付申請時点で小学生以下の子どもがいる世帯

下記の要件をすべて満たす方が対象となります。
●住宅の取得に対する費用の支出がある(移転補償費以外の費用による支出である)
●3親等以内の親族からの購入や相続・贈与等による取得ではない
●取得する住宅に3年以上居住する意思がある
●取得する住宅に入居する世帯全員が、過去に当該補助金を受け取っていない
●取得する住宅に入居する世帯全員が、市税等の滞納がない
●申請者の所得する住宅の所有権が1/2以上ある
●併用住宅の場合、居住用部分が1/2以上ある

補助金の種別 補助額
居住誘導区域内住宅取得支援補助金 転入者 100万円
 転居者 30万円 転居者 30万円 
若年世帯住宅取得支援補助金 転入者・転居者 20万円
子育て世帯住宅取得支援補助金 転入者・転居者 10万円
まちなか・地鉄沿線区域住宅取得支援補助金 転入者 10万円
県外転入者住宅取得支援補助金 転入者 30万円

◆転入者については、複数の種別が該当する場合、該当する補助額を合算したものが補助金額となります。

 

◆転居者については、上記(※2)に該当する場合、30万円が補助対象となります。

 かつ、若年・子育て世帯に該当する場合、該当となる補助額を加算します。

リフォーム補助金・助成金制度

三世代同居・近居リフォーム補助金
要件・対象住宅

三世代同居

市内で親、子、中学生以下の孫等を基本とする三世代以上の直系親族が同じ一戸建て住宅に住所を有し 居住すること。

 

三世代近居

市内で親、子、中学生以下の孫等を基本とする三世代以上の直系親族が直線距離で500m以内の一戸建て住宅に住所を有し居住すること。

 

中学生以下の孫には、出生予定であることが母子健康手帳等で確認でき、出生後に同居する予定の子どもを含みます。

補助率       

なし

補助額

令和4年4月1日以降に転居し、初めて三世代同居または近居を始める場合は50万円

令和3年4月1日から令和4年3月31日までにすでに三世代同居または近居をしている場合は20万円

URL

孫守り・三世代同居・近居リフォームを支援します

 

 

黒部市木造住宅耐震改修支援事業
 要件・対象住宅
  • 木造の一戸建で、階数が2以下のもの。
  • 建物の過半が昭和56年5月31日以前に着工して建てられたもの。
  • 在来軸組工法によるもの。
補助率       

4/5

補助額 最大100万円
URL

https://www.city.kurobe.toyama.jp/category/page.aspx?servno=334

空き家対策

登録空家リフォーム等補助金
 要件・対象住宅
  • 空き家バンクに登録された空家等の改修等にかかる費用に対して補助金を交付
  • 一戸建の住宅に限ります。(併用住宅は居住用部分が 1/2 以上あること)
  • 空き家の所有者及び入居者(購入者又は賃借者)であること。
  • 入居者は売買契約又は賃貸借契約の締結日から 1 年を経過していないこと。
補助率       

1/2

補助額 上限 50 万円( ただし、居住誘導区域で購入者が行う場合は上限 100 万円)
URL

https://www.city.kurobe.toyama.jp/category/page.aspx?servno=6122

最後に

住まいるオスカーでは、中古住宅売買時のサービスとして多くのメニューを用意しております。補助金のご相談も承ります。

ご利用希望の方は、メールにてお問合せください。

 

>ホームインスペクション業務
>既存住宅保険加入
>耐震診断・補強プラン
>中古住宅リフォーム
>フラット35適合証明書発行
>ドローン屋根調査

この記事を書いた人

加賀谷 貴志(かがたに たかし)

 

【資格一覧】 

  • 二級建築士
  • JSHI公認ホームインスペクター
  • 既存住宅現況検査技術者
  • 耐震技術認定者

富山県を中心に住宅診断士(インスペクター)として活動しております。インスペクションの制度が世の中に広まるよう情報発信を行います。

【活動実績報告】

https://www.inspection-guide.com/

https://twitter.com/inspe_guide

https://www.facebook.com/inspection.guide/