· 

屋根(雨水)についての調査項目・手順を解説

ホームインスペクション(既存住宅状況調査)で何を診断するのでしょう?

 

こちらのブログでは 屋根(雨水)に関する詳細をお伝えします。 

 

 

 

屋根(雨水)の確認|診断項目

ドローンや高所カメラといった機材を使用するか、目視で確認します。

 

【A】屋根(雨水)|劣化事象等の基準

劣化事象に該当するものは以下の通りです。

 

※劣化事象等の基準は、既存住宅状況調査方法基準(平成29年2月国土交通省告示第八十二号)に基づく基準に準じます。

 

 

 

(1) 屋根葺材の著しい破損、ずれ、ひび割れ、劣化、欠損、浮き又ははがれ

屋根葺材が本来の位置から移動していたり、欠損していたりするのは劣化事象等に該当します。

下葺材(防水紙等)が露出していると、雨水の侵入による下地材の劣化が促進されるため劣化事象等に該当します。

屋根葺材を貫通するひび割れや金属屋根葺材に赤錆が確認されたり、スレート葺き屋根の表面にコケが生えているような状態である場合も劣化事象等に該当します。

 

また、屋根葺材には劣化等が確認されなかったのに屋根の歪みや変形が認められる場合は、小屋組において劣化が生じている可能性があります。

 

 

粘土瓦の棟部漆喰の欠損や腐食、屋根材を固定している銅線等の劣化が認められたとしても、劣化事象等に該当しません。

 

 

▼屋根劣化事象の事例▼

(2) 防水層の著しいひび割れ、劣化もしくは欠損又は水切り金物等の不具合(陸屋根等の場合)

防水層の破断が下地まで到達している、防水層の端部金物やシーリング材が破損して、雨水が侵入する可能性がある場合は劣化事象等に該当します。

また、防水層の仕上塗料、トップコートがひび割れしていたり剥がれている場合は劣化事象です。

 

【B】屋根(雨水)検査に必要な道具

〈調査機器〉

双眼鏡、カメラ、高所カメラ、ドローン

【C】調査手順

1 事前に屋根形状をグーグルマップ等で確認しておく

2 ドローンによる検査もしくは高所カメラによる屋根検査を行う

天候や立地によりドローン、高所カメラが使えない場合があります。

3 ホームインスペクション実施日に天候が悪い場合は、別の日に屋根検査を行う

 

降雨、降雪、強風の日はドローンも高所カメラも使用できません。

4 下屋根がある場合、2階の窓から目視できる範囲で確認する

2階から落ちないように注意しましょう。

注意事項

  • 遠方からの目視で劣化事象が一つでも見つかると、確認できない他の箇所でも発生している可能性があるので念入りに確認する
  • 検査時に防水層を破損しないように注意する
  • 住宅の所有者へヒアリングを行い、過去の雨漏り等の履歴があったら調査の参考にする
  • 双眼鏡、カメラでの撮影時に近隣住人よりあらぬ誤解をされないように注意する
  • 調査時、他人の敷地に入ることがないように注意する

 

まとめ

ホームインスペクションの検査はこのように行います。

既存住宅状況調査技術者(建築士)による既存住宅状況調査を行い、劣化事象の有無を確認し、原因を特定することが重要です。

 

 

 

 


最後に

中古住宅の売買をご検討中の方は、申込後、契約前にホームインスペクションをしておきましょう。

 

住まいるオスカーでは、中古住宅売買時のサービスとして多くのメニューを用意しております。補助金のご相談も承ります。

ご利用希望の方は、メールにてお問合せください。

 

>ホームインスペクション業務
>既存住宅保険加入
>耐震診断・補強プラン
>中古住宅リフォーム
>フラット35適合証明書発行
>ドローン屋根調査

この記事を書いた人

Hitomi Ishikawa

 

【資格一覧】 

  • 二級建築士
  • 既存住宅現況検査技術者

 

【活動実績報告】

https://www.inspection-guide.com/

https://twitter.com/inspe_guide

https://www.facebook.com/inspection.guide/