· 

中古住宅の耐震性セルフチェックポイント

「中古住宅って新築と比べると、性能面が心配だな。」

「耐震性や断熱材などしっかり入っているかな」

 

中古住宅を買う場合は、どうしても色々な不安な点があります。第三者の専門家に見てもらうことも方法ですが、簡易的な方法で自分でチェックすることも可能です。簡単な耐震性能のチェックポイントを挙げてみます。

 

①建築した年代

  • 昭和56年6月以降(新耐震基準)
  • 昭和56年5月以前(旧耐震基準) ⇒ 専門家に見てもらいましょう

②壁の量

  • 東西南北均等に壁がある
  • 縁側など大きな開口が多い ⇒ 専門家に見てもらいましょう

③経年劣化

  • 基礎・外壁にひび割れがない
  • 雨漏りやひび割れが多くある ⇒ 専門家に見てもらいましょう

④屋根の材料

  • トタンや板金屋根を使用している
  • 日本瓦・セメント瓦屋根を使用している ⇒ 専門家に見てもらいましょう

⑤家の形状

  • ほぼ正方形に近い形である
  • 長方形やL型に近い形である ⇒ 専門家に見てもらいましょう

上記一つでも当てはまる場合は、耐震診断など専門家へ調査依頼することをおすすめします。

 

中古一戸建てホームインスペクション(住宅診断)のお申込みはこちら

 

この記事を書いた人

加賀谷 貴志(かがたに たかし)

 

【資格一覧】 

  • 二級建築士
  • JSHI公認ホームインスペクター
  • 既存住宅現況検査技術者
  • 耐震技術認定者

富山県を中心に住宅診断士(インスペクター)として活動しております。インスペクションの制度が世の中に広まるよう情報発信を行います。

【活動実績報告】

https://www.inspection-guide.com/

https://twitter.com/inspe_guide

https://www.facebook.com/inspection.guide/