· 

バルコニー(構造)の調査項目・手順を解説

ホームインスペクション(既存住宅状況調査)で何を診断するのでしょう?

 

こちらのブログでは バルコニー(構造)に関する建物検査の詳細をお伝えします。 

 

 

 

バルコニー(構造)|診断項目

ここでいうバルコニーとは、構造耐力上主要な部材を有しない後付けバルコニーは対象外となります。

 

構造的な面でのバルコニーの診断項目は、ぐらつきやひび割れ、又は劣化がないかを目視により確認します。

劣化がある場合、その基礎は劣化や腐食の可能性があるので、構造上健全な状態でないと判断します。

 

 

対象外の後付けバルコニー
対象外の後付けバルコニー

【A】バルコニー(構造)|劣化事象等の基準

劣化事象に該当するものは以下の通りです。

 

※劣化事象等の基準は、既存住宅状況調査方法基準(平成29年2月国土交通省告示第八十二号)に基づく基準に準じます。

 

 

 

(1) 支持部材又は床の著しいぐらつき、ひび割れ又は劣化

支持部材、床がぐらつく場合や、支持部材にひび割れが確認されると、構造耐力上の観点から劣化事象等に該当します。

 

オーバーハングバルコニー(片持ちバルコニー)の場合は、より大きな応力がかかったり、雨水が侵入する可能性も高いため、劣化事象が生じやすいです。

床材の著しいひび割れは、構造耐力上の劣化事象になります。

 

 

 

 オーバーハングバルコニー(片持ちバルコニー)
オーバーハングバルコニー(片持ちバルコニー)

 

 

なお、金属製手摺の劣化については劣化事象には当たりません。

 

 

 金属製手摺部分がある手摺壁
金属製手摺部分がある手摺壁

【B】バルコニー検査に必要な道具

〈調査機器〉

メジャー、定規、カメラ

 

【C】調査手順

1 支持部材のぐらつきを目視で確認する

2 床のひび割れや劣化を確認する

注意事項

・検査員はバルコニーから落下しないように注意する。

・手摺などが腐食している可能性があるので、検査時に転倒しないよう十分に注意する。

・調査時に防水層を破損してしまうことがないよう注意する。

 

まとめ

ホームインスペクションの検査はこのように行います。

既存住宅状況調査技術者(建築士)による既存住宅状況調査を行い、劣化事象の有無を確認し、原因を特定することが重要です。

 

 

 

 


最後に

中古住宅の売買をご検討中の方は、申込後、契約前にホームインスペクションをしておきましょう。

 

住まいるオスカーでは、中古住宅売買時のサービスとして多くのメニューを用意しております。補助金のご相談も承ります。

ご利用希望の方は、メールにてお問合せください。

 

>ホームインスペクション業務
>既存住宅保険加入
>耐震診断・補強プラン
>中古住宅リフォーム
>フラット35適合証明書発行
>ドローン屋根調査

この記事を書いた人

Hitomi Ishikawa

 

【資格一覧】 

  • 二級建築士
  • 既存住宅現況検査技術者

 

【活動実績報告】

https://www.inspection-guide.com/

https://twitter.com/inspe_guide

https://www.facebook.com/inspection.guide/